読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出

治は高校生のときには演劇部に所属していた。特に演劇に興味があった訳ではないが、「普通演劇部なんか入んないよね」という自分の気持ちの裏をかいて演劇部に入ったように記憶している。実は演劇部には女の子が多かったのでなかなか楽しかったのだが、今回…

記憶というのはあいまいなもので

1984年生まれの見た世界この記事が面白い、かつ面白くないとおもったのは同じような時代を生きたことによって共有する記憶をちょっと自分と違った気分で見ているからというのと、実際の自分とは10年くらいのずれがあるので記憶の対象がすこしずれているため…