読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウィーンフィル

今日はウィーンフィルのコンサートに行ってきた。娘が生まれてからコンサートに行くのも初めて。娘は知り合いに預かってもらった。
プログラムは

  1. ロザムンデ序曲 シューベルト
  2. 交響曲第35番 ハフナー モーツァルト
  3. 交響曲第4番 悲劇的 シューベルト
  4. 死と変容 リヒャルト・シュトラウス

アンコール
運命の力序曲 ヴェルディ

なんだかこれまで行っていた地元のオーケストラの定期公演はなんだったんだというくらいにレベルの違う音がしたな。弦楽器の艶といい、管楽器のテクニックといい、今まで聞いたことのあるオーケストラの中でも群を抜いている。(ベルリンフィルが上野でトリスタンの伴奏をしたのは聞いたけど、舞台と字幕に目が行って音楽だけに集中できなかったからよく覚えていない。18世紀オーケストラもうまかったけど少し方向性が違う。)リッカルド・ムーティはCDなんかでも聞いたことがなかったけどよかった。ヴェルディのオペラをこの人の指揮で聞いてみたい。

Verdi: La Traviata / Muti, Teatro alla Scala
Paolo Coni Giuseppe Verdi Riccardo Muti La Scala Theater Orchestra Ernesto Gavazzi Roberto Alagna Antonella Trevisan Enrico Cossutta Enzo Capuano Ernesto Panariello
Sony (1993/08/24)