読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポロ月面着陸は嘘だった派

Search Is on for Original Apollo 11 Footage

今朝車の中でラジオで聞いたこと。アポロ月面着陸の映像は本当はもっと鮮明だったけど月面のカメラのフォーマットとテレビ放送用のフォーマットが違ったため月面のカメラの映像の映し出されたモニターをTVカメラで撮影して全世界に映像を送った。もともとの鮮明な画像の記録されたテープは行方不明。だそうだ。

そんなことあるかなあ。面白いからアポロ月面着陸は嘘だった派。

映像は劣化させられていた。なぜなら月面のカメラの記録するフォーマットはテレビ放送のフォーマットとは異なっていたからだ。映像は正しいフォーマットに変換されなければならなかった。

その方法とは: 月面のカメラは地球の3地点に送られていた。カリフォルニアのゴールドストーンとオーストラリアのHoneysuckle creekとParkes。これらの中継基地ではオリジナルの映像がモニターに映し出されていた。

オリジナルのフォーマットを変換するためにはエンジニアは結局モニターに映し出された映像をテレビカメラで撮影することになった。その結果の映像はヒューストンに送られ、そして全世界へと送信された。



The images were being degraded because the lunar camera was recording in a format that was incompatible with commercial-television broadcasts. So the footage had to be converted to the right format.

Here's how it worked: The lunar camera was sending images to three tracking stations: Goldstone in California, and Honeysuckle Creek and Parkes in Australia. At these stations, the original footage could be displayed on a monitor.

To convert the originals, engineers essentially took a commercial television camera and aimed it at the monitor. The resulting image is what was sent to Houston, and on to the world.