読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yo-Yo Ma

土曜日に久しぶりに地元のオーケストラのコンサートに行った。子供を預けていかなければならないのでたまにしかそういうところにはいけないのだ。そうまでして今回行ったのはヨーヨー・マが来てドヴォルザークの協奏曲を弾くことになっていたからだ。

プログラムは以下の通り。

  1. ラ・ペリのファンファーレ(デュカス)
  2. 遊戯 (ドビュッシー
  3. 魔法使いの弟子 (デュカス)
  4. チェロ協奏曲 (ドヴォルザーク


安い席でかなりホールの上の方の階だったのでどうもチェロの音が今ひとつ響いてこなかったのが少し残念。オーケストラの入ってくるところとチェロのソロの部分での音の大きさがあまりにも違いすぎた。

ウィーンフィルの時以来だから10ヶ月ぶりくらいにこのホールに来たんだけど両側の壁に巨大なスクリーンが取り付けられていてちょっと驚いた。演奏中に指揮者や演奏者のアップの映像が映し出される訳で、この時代のオーケストラの運営にもなかなかいろいろな工夫が必要だなあと思う訳ですね。でもチェロであんなに高い位置のフレットで無造作に押さえてるように見えるけどちゃんとした音程が出るもんだなあと当たり前のことに感心できたのはスクリーンのおかげ。